長野市の美味しい水で作ったおやきを瞬間冷凍。こめこのおやきは全国の物産展でお買い求め頂けます。解凍せずに蒸焼きにするので、できたての風味が味わえます。

信州発、米粉で作ったおやきです。

北信地方(長野県北部)、善光寺平の庶民の味『おやき』。

肉気のない朴訥とした味わいのおやきは、地元だけでひっそりと食べられているものでした。

そんなおやきですが、西山(善光寺平の西、山岳地帯)に伝わるホウロク焼きおやきや現代風のパン焼き風おやきが都会の方々を中心に認知され、今では「おやき」のことをご存知の方がずいぶんと増えてきました。

私たち おやきや総本家が作るのは 善光寺平の蒸かしおやき。

都会の方をはじめ、県外の方々には「これもおやきなの??」と驚かれてしまいます。   揚げパンや肉まんの様なおやきに慣れた方々にとっては、無骨で小さく、地味に見えるのでしょう。

そんな、今ではすっかり少数派のおやきではありますが、「昔、信州を旅した時に食べた あの味!」と 喜んで頂けるお客様に励まされ、毎日毎朝蒸気を上げながら作り続けております。

この『門前おやき~こめ粉の生地』は、幼いころから慣れ親しんできた私たちのおやきを「こめ粉」の生地で作ることで さらに口どけ良く 野菜や味噌の風味を邪魔せず やさしい風合いに作り上げましたものでございます。


P1010810.jpg